読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SES営業ブログ

40代、業界経験10年、売り上げ4500万円(月)、日々思うことなどを書いていきます

フリーランスエンジニア(個人事業主)にお金を貸したが現場をバックれ生活保護&音信不通になったよ!という話

私がであったエンジニアシリーズ-1

 

f:id:tako898898:20170220213943j:plain

 

SES営業男です。

このシリーズでは、私が出会ったフリーエンジニア

紹介しておきたいと思います。

SES営業を長い間行っていると言い方は悪いのですがネタになる

エンジニアには事欠きません。

誰しもが一度や二度大きなトラブルを経験しておますし

忘れがたいエンジニアというのがいるはずです。

まあ暇つぶし程度にお気軽にみてくださいませ。

 
エンジニアスペック
名前 Oさん
年齢 40代後半
性別 男性
住居 都内
希望報酬 60万/月
スキル Java C♯,net
フリーランス歴 15年
人物 真面目な印象


この方とは会社で面接をおこないました。
若干覇気がないのが気になりましたが、
コミュニケーション、スキルとも問題ない印象を受けました。
また、業務系の開発経験が豊富な点と
フリーランス歴が長いということもあり私は安心して営業スタートしました。
おそらく3営業日以内に面談をいくつかセッティングし
遅くとも5営業日以内には契約はまとまるかな、
なんて何とも都合のいい内容で勝手にシュミレーションしておりました。

 

ところが・・・

翌日私の携帯に着信がありました。
電話をとると今会社の近くにいるので喫茶店で打ち合わせをしたいとのこと。
「昨日打ち合わせしたばかりなのにどうしたんだろうか・・」
と少々不可解な気持ちを持ちながら近くのスターバックスに向かいました。

 


「昨日はお忙しい中ありがとうございました。
今日はどうされたんですか?」
Oさん「実は会社ではいいにくかったんだけど、
家賃が払えなくて困っている。
御社で案件を決めてもらえば前払いできますか」
「前払いはご相談可能ですよ」
Oさん「そうですか。
  実は面接にいく交通費もないのです」
「え・・・」


詳しく話をきくと、
・前の現場で予算都合、ということで急遽契約が打ち切られ、
支払いもないため貧窮している
・裁判を起こそうにも費用がない
・このままだと携帯もストップしてしまう
・食事もほとんどまともにとれていない
・過去にこういったトラブルはなかった


とのこと。

不憫に思った私はその場で
財布から10万円をとりだし、余裕があったときに返してくださいと
いってOさんに渡しました。
もちろん彼は感謝しており、
これでしばらく生活できますといって何度も頭を下げておりました。
私がそのようなことをしたのはもちろん可哀そう、困っている人は
助けたい、というごくごく単純な理由が一つ。
もう一つは私にとって10万円は生死をわけるような金額でないですが、
Oさんにとってそれが人生のターニングポイントとなるほど
貴重な資源となりうるのであればそれは人間として当たり前にしてあげることのような気がしたからです。

 

 

 

 

 

●入場、そして・・・

 

f:id:tako898898:20170220213405j:plain


Oさんの現場を決めるのはさほど難しいことではありませんでした。
条件、作業面も調整でき当初の予定通りのスケジュールで
参画が確定しました。
紆余曲折ありましたが、これでOさんも生活を立て直せるしよかった!

と一安心しておりました。

ところが・・・
無事入場をすませたその日のお昼、
お客様から連絡がきました。
お客様Oさん帰ったよ
え?
お客様あとは営業に聞いてくださいって
え?え?

お客様は怒っているを通り越して
なんだか気持ち悪い、という風なしゃべり方をしていたのをよく覚えてます。

状況はよくわかりませんが、
とりあえず謝罪をし、oさんに連絡をしました。

が・・・

・電話 着信拒否
・住所 自宅までいきましたが住所デタラメ

 

うーん困った・・・

困り果てた私にOさんから一通のメールが・・・
「現場が気に入らないです
生活保護でもいいです」

そこには
迷惑をかけたことへの
後悔の雰囲気など微塵も感じることができない21字の文字が並んでいました。
私はどこかで彼を見下していたのでしょうか?
私の浅はかな行動が彼を傷つけたのでしょうか?
葛藤しましたが答えはでませんでした。

 

 

まとめ

この事件は私にとってはなかなかの衝撃でした。

次回同じ場面に出くわしたら1万円くらいにして

様子を見ることにします(笑)